• Img_9472
  • Img_9451
  • Img_9440
  • Img_9399
  • Img_9377
  • Img_9371
  • Img_9370
  • Img_9339
  • Img_9302
  • Img_9299

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月19日 (水)

2年生 研究授業

 9月19日に、2年生が「はっぴょうしよう」の単元の研究授業を公開しました。今回は、城東学園小小連携研修会として、中小、佐束小の4人の先生が参観に来てくれました。

Img_3011 Img_3010

 子どもたちは、ドラえもんの道具のように、「こんなものがあったらいいな。」と思う物を自分なりに考え、その道具について発表をしました。発表するときには、自分で描いた道具の図を示し、形、色、大きさ、その道具ができること、考えた訳などを言葉で説明しました。発表する側は「話し方名人」、発表を聞く側は「聞き方名人」をめざして、学習しました。

Img_3042 Img_3063

 友達の発表を聞いたあとには、質問したいことや感想を発表しました。どの子も、話している子の方を向いてしっかり聞くことができたので、質問や感想がたくさん出ました。

Img_3065 Img_3069

 最後に、今日の学習の振り返りをしました。最後の振り返りも「話し方名人」「聞き方名人」を意識した感想がたくさん出ました。活発な話し合いができた1時間でした。
 第3回の発表会もきっと盛り上がる授業になるでしょう。第3回の授業も楽しみです。

2012年9月12日 (水)

6年生 授業研究

 9月11日に、6年生が研究授業を公開しました。今回は、城東学園研修と同じ単元の学習だったので、中小、佐束小、城東中の5人の先生が参観に来てくれました。また、校内研修の講師として、常葉大学の中村孝一教授にも来ていただきました。

Img_2355Img_2396

 子どもたちは、宮沢賢治が「やまなし」の作品に込めた思いを読み取ろうと、5月の幻灯と12月の幻灯を比較し、賢治の理想とする世界を考えました。

Img_2403 Img_2406

 まず、自分の考えをもつために、根拠となる文に線を引くなど、書き込みをしました。(上の写真からも、集中して書き込んでいる様子がよくわかると思います。)
 そして、考えがもてた後には、友達との考えの交流をしました。「なるほど!」「そうだよね!」と、お互いの考えを聞き合い、自信を深めていました。

Img_2418 Img_2422

 最後に、全体で発表し、賢治がこの作品にどのような願いを込めたのかを話し合いました。大変充実した授業で、子どもたちは私たち教師の予想を超えた素晴らしい考えをもつことができました。
 授業での子どもたちの活躍を見て、今後の「宮沢賢治推薦リーフレット」づくりがとても楽しみになりました。

2012年9月11日 (火)

稲刈り

 9月4日に、5年生が稲刈りをしました。

Img_2114 Img_2133

 高天神コシヒカリの会の方々に指導していただき、刈り取った稲を束ねる縄を綯うところから教わりました。縄を綯うのは、子どもたちにとってはとても難しいことで、みんな苦戦していました。

Img_2128 Img_2178

 鎌で稲を刈り取る作業にも、子どもたちは苦戦していました。「うまく切れない!」「こんなに力がいるの?」「やってもやっても終わらない…。」稲を刈り取るのにも、刈り取った稲を束ねるのにも多くの労力を要しました。

Img_2172Img_2212

 刈り取った稲は、12日に脱穀する予定です。

2012年9月10日 (月)

資源回収、奉仕作業

 9月8日は、資源回収と奉仕作業がありました。

Img_2313 Img_2319

 久しぶりの資源回収だったためか、回収した新聞や雑誌が多かったように感じました。御協力いただいた地区の方々に、感謝いたします。ありがとうございました。
 また、資源回収終了後に、奉仕作業も行いました。毎回、奉仕作業で出る刈り取った草の処理に苦戦していましたが、今回は、地区の区長さんの御協力のおかげで、手際よく処理できました。ありがとうございました。

Img_2330 Img_2334

 嶺向地区と大坪台地区の皆様の奉仕作業のおかげで、写真のように、学校のグラウンドがきれいになりました。ありがとうございました。

城東中 小野先生の陸上指導

 城東学園では、小学校の先生が、中学校の学習指導を手伝ったり、中学校の先生が、小学校の児童に専門的な指導をしたりすることなど、先生たちの連携に取り組んでいます。

Img_2234 Img_2267

 今回は、土方小学校に、城東中の小野先生が来て、陸上の指導をしてくれました。小野先生は、ずっと陸上に取り組んできた方で、ベストタイムは10秒6という記録を持っています。
 指導をする前に、子どもたちといっしょにウォーミングアップしてくれました。子どもたちは、アップの走りでも小野先生のあまりの速さに驚いていました。
 「まっすぐ立つこと」の重要性や、「足の回転を速くすること」でスピードアップができることなどを教えてくれました。

Img_2295

 最後には、リレーのバトンパス「オーバーハンドパス」についても指導してくれました。小野先生から学んだことを生かして、これからの練習に取り組み、記録を伸ばしていきたいと思います。

2012年9月 3日 (月)

学校便り9月号

9月号を掲載します。→「9gakkoudayori.pdf」をダウンロード

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »