カテゴリー「学園化構想」の記事

2018年6月21日 (木)

放課後学習がスタートしました

1529593152845.jpg

1529593153289.jpg

1529593153653.jpg

1529593154026.jpg
いよいよ今年度の放課後学習が始まりました。
机が足りなくなるほどの子どもたちが集まりました。

2018年6月12日 (火)

今年度の放課後学習が始まります!

1528805354933.jpg

「学びをつなげる」とは
授業、家庭学習、自学(放課後学習)の
3つの場をつなげて
子どもの学力向上を目指す本校の取組です。
「本気で学び続ける子」を育てたい!
その一念でスタートします。


1528785862673.jpg

放課後学習への参加希望者を募ったところ
参加希望率「40.9%」でした。
予想以上の参加希望者数にびっくりしています。
現在17名の学習支援ボランティアさんに
おいでいただくことになっていますが、
支援の方は多いほど助かりますので、
ご都合がつく方はぜひ
地域コーディネータの水野さん、
または学校にお声かけください。
放課後学習初日は6月20日(水)です!

2018年6月10日 (日)

子ども会連合会ドッジボール大会

1528690749247.jpg
雨が心配されたドッジボール大会。
元気な声が中小学校グラウンドに響き渡り
ゲームを楽しみました。
雨が降りだし、途中で中止となってしまいましたが、ひとときを3小学校が一緒になって楽しみました。
役員の皆様、保護者の皆様のご尽力に感謝いたします。

2018年5月25日 (金)

地域のご協力で

1527238183807.jpg
応援席にテントを設営して日除け対策しました。
自治会と城東中に快くお貸しいただきました。
ありがとうございます。

2018年5月20日 (日)

協働によるまちづくり中央集会

1526765281203.jpg
19日、生涯学習センターにおいて協働によるまちづくり中央集会が開催されました。
まちづくり協議会活動等での功労をたたえ多くの方々表彰される中、昨年度土方地区区長会長を務めた赤堀博様が代表で授与されました。

また市長の施政方針演説では、小中一貫教育についても大きな柱として説明がありました。写真はそのスライドです。

2018年5月18日 (金)

新茶が届きました

1526634351482.jpg

1526634354920.jpg
先日、3年生がお茶摘みをさせていただいた茶葉が製茶され、みどりとつちの会の皆様が今日、3年生に、とお届けくださいました。
校長にもお裾分けくださいましたので、
さっそく一服頂きました。
子どもたちと新芽を摘んだあの日の茶畑の香りでした。とてもとても美味しく味わうことができました。
今日はPTAの運営委員会があり、役員の皆様にも味わっていただきました。
ごちそう様でした!

2018年5月17日 (木)

放課後学習打ち合わせ会

「ほんきがつながる学習改善」
をテーマに取り組んでいる、
30年度の土方小学校の教科指導。

子どもたちには3つの学びの機会
・授業
・家庭学習
・自学
が与えられています。
主体的な学びをして、充実感や達成感を
を覚えることで、成長して行く子どもたち。
学校、家庭、地域が総ぐるみで、
教育の目的を共有しながら
子どもの学びを支援していきたいと考えています。

今日は、水野コーディネーターのお声かけで、
ボランティアの方々にお集まりいただき、
新しい放課後学習の構想を、学校の提案を基にご相談いただきました。

今年の放課後学習は「自習室」をイメージしていきます。
授業の復習や宿題、ICT活用のドリル学習、
ほんのもり(図書館)や絵本ルームでの
自由読書など、学習計画を立てて自学を進めます。

異学年の教え合い、家庭学習の進め方のアドバイスなど、学び方が発展することも期待できます。
多くのボランティアの方々に支えていただきながら、放課後学習を、
「子ども自身が学び方を身に付けていくスタイルへの進化」を目指していきます。

ご理解とご協力いただきながら、
子どもたちを放課後学習へいざなっていただければ幸いです。

詳細は、おって、保護者・地域の方にご連絡します。
そして何よりも子どもたちに主旨や方法を伝えていきます。
よろしくお願いいたします。

2018年5月15日 (火)

はらぺこあおむしさんの読み聞かせ

1526344360437.jpg

1526344361675.jpg

1526344362666.jpg

1526344363616.jpg

1526344364516.jpg

1526344365384.jpg
今年度もはらぺこあおむしさんの読み聞かせが始まりました。
子どもたち、食い入るように本の世界に入り込んでいます。
1年間よろしくお願いします!

2018年5月14日 (月)

登校の見守り

1526251873951.jpg

1526344549959.jpg

毎朝郵便局交差点で登校指導をしてくださっている内海さんです。
下の写真は北公民館前です。鷲山さんがいつも立ってくださっています。
通勤の自動車で混み合う交差点ですので
内海さん、鷲山さんのおかげで
子どもたちは安心して通学できます。
ありがとうございます。

2018年5月12日 (土)

城東学園新たな学園づくり保護者説明会

1526104360786.jpg
教育委員会主催による、
城東学園新たな学園づくり土方小学校区保護者説明会が
本日、大東北公民館において開催されました。
3名の保護者の方と学校職員4名と少人数でしたが、次のような次第で進められました。
1 教育長あいさつ
2 教育委員会担当から新たな学園の説明
 中学校区学園化構想について
 小中一貫教育の推進
 小中一貫教育を推進するための学校施設等
3 参加者全員による懇談

3の懇談では、保護者と学校職員から新たな学園づくり構想に対する質問や意見が出されました。

・小中一貫教育のメリットは、子どもや保護者、教員が9年間を見通した教育が行えること、適正規模の児童生徒数の中で社会性を育みやすくなる、中学校教諭の専門性を生かした教育が行える、などがあげられる。
・掛川市の連携教育は歴史がある。特に城東学園は23年度から。保幼小中が連携してテーマを決めて研究をする自主的な研究会は数十年の歴史がある。今後は9年間の教育カリキュラムを構築して小中一貫教育を市教委として推進していく。今、城東学園はその研究指定校として実践研究をしている。
・老朽化してきた土方小学校の校舎。建て替えの時期が来ているタイミングで、どのような教育環境がいいかと考えたとき、一貫教育による教育効果が発揮できるような、学園づくり、校舎づくりをしてほしい。
・小さな子どもを育てている世代の保護者の方々は、子どもたちの将来にとってよい教育を行うための一体型の学園づくりに賛成の方が多いのではないか。
・今の小学校の場所に学校がなくなることへの不安を感じる方もいる。一体型や隣接型の校舎になったとき、小学校の跡地を地区のコミュニティの拠点や防災の拠点として活用するなどの案を出し合い、住民の方の不安を払拭できるとよい。

少人数の話し合いではありましたが、このような内容が熱く語られ、充実した協議となりました。
これからも、保護者の方や地域の方に関心やご理解を深めてもらえるように情報発信や協議が行われるとのことです。
未来に生きる子どもたちのため、よろしくお願いいたします。